ソフトウェア関連記事

 随想録の内ソフトウェアに関連した記事です。

All-in-One Search Button

(Firefoxの付記。バージョン1.5準拠)

last updated: 12/04/04

 Firefox 1.0のWeb検索ボックスからは、以前のバージョンにあった「ページ内を検索」という項目が削除されている。代わりにFind Toolbarというものが追加され、ページ内検索はこれを使うように推奨されているのだが、どうも私はFind Toolbarが気に入らない。

 そもそもスクリーンショットを見て貰えばわかるように、私は出来るだけブラウザ表示領域を広く取るようにしているし、以前は出来たWeb検索ボックスからのページ内検索がバージョン1.0になって削られたのは退化だと思ってすらいる。

 しかし、素晴らしいことにFirefoxでは、豊富な拡張によって本体側に実装されていない機能を補うことが出来る。そこで、Web検索ボックスを使ってページ内検索を行える拡張がないかと探してみたところ、見事に条件に合致するものが見つかった。それが、All-in-One Search Button日本語版はこちら)だ。素晴らしいことに、この拡張はWeb検索ボックスでのページ内検索を可能にする他、検索ワードのハイライト機能まで追加してくれる。他にもう一つ嬉しい機能があるのだが、これは後述する。

 さて、では実際に使ってみることにしよう。All-in-One Search Buttonをインストールすると、表示→ツールバー→カスタマイズで呼び出せるカスタマイズウィンドウに、新たなアイコンが追加される。まずはこれをWeb検索ボックスの横に持って行こう。

 次に、ツール→拡張機能からAll-in-One Search Buttonを選び、オプションから設定画面を呼び出そう。

ハイライトの管理

 「一般」タブではWeb検索ボックスから検索を行ったとき、検索単語を自動でハイライトするかどうか、ハイライトが有効化されたタブから開かれたタブに設定を引き継ぐか、検索単語を自動的に取得するか否かを設定できる。

ハイライトの設定

 次に、「ハイライトの設定」タブでは、ハイライトの色と、複数単語をハイライトするときに単語毎に色分けを行うかどうかを設定できる。また、拡張表示モードで検索単語に装飾を施すことも出来る。

単語の管理

 更に、「単語の管理」タブでは、無視する単語を入力することが出来る。検索には使うが、ハイライトはしたくないという単語がある場合は入力しよう。

その他

 最後に、「その他」タブでF3ショートカット(デフォルトでは「次を検索」に割り当てられている)をAll-in-One Search Buttonに割り当てるかどうか、履歴を何件分保存するか、そしてメッセージ表示をポップアップで行うかステータスバーで行うかを設定する。

 設定が終わったら、いよいよその機能を実際に試すとしよう。まずは何か適当なページを開く。ここではFirefoxの公式サイトを例に取ろう。検索単語は「firefox 拡張 ブラウザ」の三語を使用することにする。

 Web検索ボックスにこの三語を入力し、先程移動させたAll-in-One Search Butonのアイコンをクリックすると、一番最初の単語である「firefox」でページ内検索が始まる。もし「拡張」で検索がしたいのであれば、アイコンを右クリックしメニュー「拡張」にマウスカーソルを合わせてクリックすれば検索単語が切り替わる。因みに、設定で検索単語を自動でハイライトするようにしていた場合は選択単語がハイライトされる。尚、全ての単語のハイライトを行いたい場合は、同じく右クリックメニューから「全てハイライト」を選択するか、アイコンをミドルクリックすれば良い。

 また、もし検索はせずに「拡張」だけをハイライトしたいという場合は、アイコンを右クリックしてメニューから「ハイライトモードへ」を選び、ハイライトモードへ移行後に右クリックメニューから「拡張」を選択すればよい。これは他の検索単語も同様だ。尚、ハイライトモードではアイコンをクリックしたときの効果がハイライトの有効/無効切り替えとなる(いわばAdvanced Highlighter Buttonと同じになる)。

 基本的な使い方はこんなところだが、この他に便利な機能として、「設定した検索エンジンで検索を行ったときに、検索単語をWeb検索ボックスに取得する」という機能がある。例えばデフォルトだとgoogle.comやyahoo.comで検索を行うと、ページの読み込みが終了した時点でWeb検索ボックスに検索単語が表示される。つまり、検索結果のリンク先でF3を押せば、直ぐに検索単語でページ内検索が行えるということだ。一々コピー&ペーストをする必要はない。この機能の詳しい説明は作者のサイトの説明和訳)を見て欲しい。

 如何だっただろうか?因みに私は、keyconfigという拡張でCtrl + FでWeb検索ボックスにフォーカスするようにし、Find Toolbarとは完全にオサラバしてしまった(もしどうしても必要なときはCtrl + Gを押すか、編集メニューから呼び出せばよい)。私ほどFind Toolbarを嫌ってはいない人でも、All-in-One Search ButtonにはFind Toolbarから単語を取得する機能もあり、検索はFind Toolbarで、ハイライトはAll-in-One Search Buttonで行う、といった使い方も出来る。ただハイライトの機能が欲しいという方にもお奨めだ。

カスタマイズの和訳

 サーチエンジンの登録データは、プロファイルディレクトリのChromeディレクトリにある、allinonesearch.txtに記録されている。デフォルトだと、以下のようなサーチエンジンが登録されている。HTMLの都合上スペースに変換されているが、空白部分はTab記号だ。

http://www.google.com/search    q       google
http://www.google.fr/search     q       google_fr
http://www.google.de/search     q       google_de
http://www.google.es/search     q       google_es
http://search.yahoo.com/search  p       yahoo
http://fr.search.yahoo.com/search       p       yahoo_fr
http://de.search.yahoo.com/search       p       yahoo_de
http://es.search.yahoo.com/search       p       yahoo_es
http://www.altavista.com/web/results    q       altavista
http://fr.altavista.com/web/results     q       altavista_fr
http://de.altavista.com/web/results     q       altavista_de
http://es.altavista.com/web/results     q       altavista_es

 見ての通り英語版と各ヨーロッパ言語版のみで日本語のサーチエンジンは含まれていない。そこで、よく使うサーチエンジンを追加しようと思う。ここでは、デフォルトでは入っていないと言うことでMSN betaを例に取ろう。

 さて、MSNサーチβ版で「firefox 拡張」を検索すると以下のようなURLとなる。

http://beta.search.msn.co.jp/results.aspx?q=firefox+%E6%8B%A1%E5%BC%B5

 では、まずはallinonesearch.txtを何か適当なエディタで開こう。そして、リストの一番下に新たに行を作り、赤字で示された部分を一番左に置き、Tabキーを押す。各部はTabによって分けられる。次に、検索語を指定するアルファベット、この場合はqを中央部に置く。再びTabキーを押し、最後に右部にサーチエンジンの名前を書く。例えばMSNサーチβ版の日本語版なら、MSN_search_j_betaといった具合だ。これは好きにつけて良い。すると見た目はこんな具合になる。

http://beta.search.msn.co.jp/results.aspx       q       MSN_search_j_beta

 これで、MSNサーチβ版で検索した場合も、ページの読み込み終了と同時にWeb検索ボックスに検索単語が取得されるようになる。やりかたはexciteでもgoogle日本語版でも同様だ。

 注意しなければならないのは、そのとき検索サイトのページがアクティブでなければならないと言うことだ。バックグラウンドでページ読み込みが終了した場合、単語は取得されない。

※でもまぁ、面倒な人もいるだろうから主なサーチエンジン(yahoo, google, excite, goo, infoseek, biglobe, altervista, msnをある場合は日本語版と英語版両方)を網羅したファイルを作りましたので上書きしちゃって下さいな。
 → allinonesearch.txt

関連サイト

Pcdingo's Web Site(All-in-One Search Button、Advanced Highlighter Button作者サイト)
http://membres.lycos.fr/pcdingo/

All-in-One Search Button 日本語版
http://hadakadenkyu.flnet.org/other/software/firefox.htm#aiosbj